floating-share-buttons.comからのアクセスをGoogleアナリティクスから除外

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleアナリティクスでアクセスを確認すると、

謎の参照元「floating-share-buttons.com」からの流入がある時期から増加していました。

どうやらスパムのようですので、Googleアナリティクスのフィルタ機能で除外することにしました。

以下、経緯と手順です。

 

謎の参照元「floating-share-buttons.com」

このブログを設置して数か月。

中途半端な下書き保存記事が溜まってしまい、

公開できた記事は1つだけでした。

 

ところが、Googleアナリティクスを見てみたら、

結構、アクセスがある!???

 

そんな馬鹿な、と思ってよくよく見てみると、アメリカからのアクセスが増えていて

参照元(Refferal)を確認すると「floating-share-buttons.com」というサイトが1位。

残念ながらやっぱりスパムでした。

 

fsv

 

 

 

 

 

URLを叩くと「http://sharebutton.to/」というサイトにリンクされてました。

 

似たような名前の「free-social-buttons.com」も、怪しいなと思ったら、

同様に「http://sharebutton.to/」というサイトに再度飛ばされました。

 

現時点では、何か悪さをしているわけではないのですが、

記事の少ないこのブログのアクセス数がおかしくなってしまうので、

フィルタ機能を使って、Googleアナリティクスから、
このサイトからのアクセスを除外することにしました。

 

「floating-share-buttons.com」除外手順

  1.  Googleアナリティクスにログインし、メインメニューの「アナリティクス設定」をクリック
  2. 「アナリティクス設定」画面で、アカウントの下にある「すべてのフィルタ」をクリック
  3. 表示される「+新しいフィルタ」ボタンをクリック
  4. 「フィルタ名」は、後から思い出せるように「floating-share-buttons.com除外(スパム)」としました。
  5. 「フィルタの種類」は「カスタム」、「フィルタフィールド」は「キャンペーンのソース」と選択し、「フィルタパターン」の入力欄に「floating-share-buttons.com」を記入 (※フィルタフィールドには、「参照」や「キャンペーンの参照URL」を選びたくなったのですが、うまくいかなかった事例を発見したので例に倣うことにしました)
  6. 「ビューにフィルタを適用」の項目で、「すべてのウェブサイトのデータ」を選択、「追加」ボタンをクリック
  7. ページ下部の「保存」ボタンをクリックして完了
  8. 同じ手順で、「free-social-buttons.com除外(スパム)」のフィルタも作成しました。

 

filter

フィルタが適用されるのに少し時間がかかるみたいですので、また後日確認してみます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。